目隠しフェンスは高さを決めることが重要

目隠しフェンスはある程度の高さを設けることで、人や動物が建物の敷地内に侵入を防ぐことが可能となります。またそれを設ける理由には、人や動物の侵入を防ぐほか、人から建物内部を覗かれない様にする働きもあり、プライベート空間を確保するために必要な物です。 外からの視線を遮るために活用されるものですが、外からの視線が遮られやすい分だけで死角が生じる可能性もあります。死角が生じると防犯上良くないケースも存在するため、全くの目隠し状態にするのではなく、歩いていたり自動車に乗って移動の状態であれば、中の様子が見えないタイプのフェンスが存在します。立ち止まって中の様子を覗うことはできても、歩きながら中の様子を覗うことはできないタイプの防犯対策を施しているフェンスも存在しています。

大きさの基準は人の背丈の大きさが目安

目隠しフェンスの高さを決める時、その基準としては人の背丈の大きさが目安になります。人の背の大きさには違いが生じますが、成人男性の大人の平均である身長を基準とする場合があります。 他にもより厳重にしたい場合には、180cmにすることもあり、建物の周囲の環境に合わせて設けるのも一般的です。もちろん注意点には高さが大きくなれば、人の侵入自体を防ぎやすくなりますが、その分フェンスの面積も広くなり、風圧による影響を受けてしまう点です。従ってある程度の風圧を受けても倒れてしまわない様な造りで施工を行うことが必要となります。もちろんフェンスを設ける場合には専門業者に依頼することも可能ですが、ホームセンターなどでもフェンスが販売されているためDIYで制作することも可能です。

フェンス選びは使用する素材を選択することから

目隠しフェンスを設置する上で一番重要なポイントとしては、使うべき素材に何を用いるかです。考えられるのは木製、アルミ製、樹脂製の三つのタイプで、それぞれにはメリットとデメリットが存在します。 また設置する場所の環境や方法によっても、こうした素材の特徴を熟知して選択することは重要となり、他にも1m当たりに幾ら費用がかかるのかというコストも押さえていきます。高さは一度設置してしまうと調整することができないため、目的に応じて調整を行う必要があります。素材が決まったら、風が通れるすき間を若干、設けて組むことが多く、外から全く見えないというよりは見えにくい状態を作る形で行われることも多いです。建物との調和性も必要で外観の見た目が建物と適合しているフェンスだと建物自体を惹き立てることにも繋がります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加