目隠しフェンスは種類が豊富なので価格も様々

外からの人の目が気にならない目隠しフェンスは素材や形状、デザインなど色々な種類の製品が提供されています。風や日差しを取り入れながら目隠ししたり完全に外から見えないようにしたりツタや竹など天然の素材を利用して和む要素を取り入れながら目隠ししたりすることもできるので希望や目的を明確にしてから条件を満たすフェンスを絞り込んでいきます。 フェンスの長さや高さだけでなくデザインや素材、メーカーなどによっても価格は違ってきます。そのためデザインや素材によって異なるポイントを前もって把握しておく必要があります。素材には大まかに分類するとアルミ製のものや木製のもの、樹脂製のものなどがありそれぞれの素材にメリットやデメリットがあるためそれを予め知っておいた上で予算のことも考えながら選んでいきます。

素材によって耐久性が違ってくる

目隠しフェンスは素材によって耐久性も異なります。その中でも割合安い価格のものが多く豊富なデザインが提供されているアルミ製のフェンスは、腐食やサビに強く軽くて耐久性が高いのが特徴となっています。簡素なルーバータイプ1台でおよそ1万円ぐらいといった製品もありデザインや風通しの性能などによっても値段に差が生じてきます。エンドキャップや柱、施工費用を含めると値段が変わってくるため必要となる費用を全て含めて見積もることが重要になります。 木製のフェンスはデザインが凝っていて品質が良い天然の木材が使われている場合は値段が高い製品が少なくありません。そして木製のフェンスは雨や風によって腐食しやすいなど耐久性があまり高くないということから木の粉を入れた樹脂を利用して耐久性が高くて天然の木材に似た質感に仕上げた素材を使ったフェンスも人気があります。

取り付け作業は業者に依頼した方が安全

素材やデザインだけでも価格に大きな差が生じることがある目隠しフェンスですが施工する方法により結果的に発生する費用が異なってきます。施工の一般的な方法として挙げられるのがフェンスをブロック塀の上に取り付ける施工方法と独立したフェンスを取り付ける施工方法になります。取り付ける場所としては隣り合う住宅との境界線や敷地の道路沿い、浴室の周辺などに設置する場合が多いです。 中でも浴室の周辺などには外からの視線を遮断させる効果が最も高いルーバータイプや格子タイプのフェンスが人気があります。安い費用で取り付けたい場合はフェンス本体と部品を買って自分で取り付ける方法もありますが倒れると危険なので設置は業者に頼んだ方が安全です。ネット通販サイトでフェンス本体を安く買い施工は近くの業者に頼むという手段もあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加